今までニット帽みたいな帽子しか作ったことがなかったのですが、今回本格的(?)な帽子に初めてチャレンジしてみました!

今回使用した布は、以前リュックを作ってブログにアップしたことがあるのですが、その時余った端切れです。

 

リュックの記事

子供のリクエストにより、デニムの生地でバービー用のリュックをハンドメイドしました
 子供からのリクエストで、バービーのリュックをハンドメイドすることに。子供が着れなくなったデニム生地のズポンがあったので、それを再利用してみました。 まずは、リュックの本体部分を超適当に切って、底もつけて筒状に縫いました。そして、ポケット...

 

元々は、子供の穿き古したデニム生地のズボンをリメイクしたものです。

 

まず、この余り布から、↓の写真のように長方形6枚を切って用意します。

 

6枚に切った布を、ちょっと長細いベルのような形に切ります。↓

 

この6枚に切った布の、まず2枚を取り、それぞれの布の裏側を表にして重ね、縦長の部分の片側だけ縫います。↓

 

その作業を、下の写真のように、次の3枚目、4枚目と続けていきます。

 

最後に、6枚目と最初の1枚目を合わせて縫うと、だいぶ形が見えてきます。↓

 

ひっくり返すとこんな感じです。↓

 

縁の部分を5ミリくらい谷折りにして、一周ぐるっと縫って、縁の始末をします。

 

次は帽子のつばを作っていきます。

使った端切れの部分は、こちらです。↓ これを見た瞬間に、『これは帽子のつばとして使える!』っとひらめきました!

(ズボンのポケットがかわいくハート型になっていたのが運のつき!)

 

つばにする部分、どこだかわかりました?ここで~す!↓

 

つばの部分は、他より布がしっかりしていないといけませんよね。普通私たちが被る帽子のつばには、布の中に芯が入っていたりしますからねぇ。もしも↑のようなうってつけの部分がなければ、布を二重にしたり、厚紙などで芯を作るとかすればいいかと思います。ちょっと一苦労ですけどね。。。

 

この切った部分を、先ほど6枚の布を縫い合わせたものに縫い付けます。どこに付けるのが一番かっこいいかよ~く吟味しましょうね、縫い付ける前に。(ちなみにわたしは、一度縫った後に、気に入らなくて、もう一度位置を変えて縫い付けたので、手間がかかってしまい、若干イライラしました。)

 

裏から見ると、ちょっと小汚いですが、ひっくり返すと。。。 かなり出来てきましたね。

 

ただ、このままだと、ゆっるゆるなので、横から後ろにかけてぐるっと、ゴムを縫い付けました。もちろん、ゴムは見えないように内側に縫い付けましょう。ゴムをただ縫い付けても、ユルユルさ加減は変わらないので、ゴムを縫い付ける際は、ぐっと引っ張りながらやりましょう。

ちょっと大変な作業だけど頑張りましょう!

頑張った結果がこちらです。↓  ゴムを引っ張った分、布がひだになりますから、ユルユルは解消されますっ!

 

さあ、出来ましたんで、バービー達に被ってもらいましょう♪

 

今回、本格的帽子作りに取り組みまして、帽子作りの楽しさにちょっと目覚めました!

今後は、いろんな形の帽子作りにチャレンジしていきたいと思いま~す♪

 

スポンサーリンク